Who am I?

院長の紹介

name :          伊井博樹 occupation:  歯科医師
  • 秋田県秋田市生まれ
  • 1984年:新潟大学工学部機械科入学
  • 1986年:新潟大学歯学部入学
  • 1992年:新潟大学歯学部卒業
  • 1994年:医療法人健康文化会小豆沢歯科入局
  • 2000年:伊井歯科クリニック開業(埼玉県狭山市) 現在に至る
院長からのメッセージ

~世界基準の義歯を提供します~

当院では『生活の質を高める』をキーワードに入れ歯を作成しています。ぜひ、世界最高基準の義歯をお試し下さい。
dr0002
  • 日本顎咬合学会会員
  • 日本補綴歯科学会会員
  • 日本歯科審美学会会員
  • nda(national denturist association USA)会員
  • JDA(Japan Denture Association) 会員
  • 2015 American Prosthodontics Society(APS)honorarium Award 受賞

幸せになる義歯の形

「治療を通して幸せを提供できているのだろうか?」 これは多くの歯科医師が持つ悩みです。 その悩みは、特に『入れ歯』を作製する時に生まれます。 なぜならば『保険で作製できる入れ歯技術は50年前から全く進化していない』からです。 今でも「入れ歯があわない」…そう言って私のクリニックを訪れる患者さんは後を絶ちません。 せっかくの一度の人生。私はあなたの人生を明るく楽しいものにしてあげたいと考えます。

【最新義歯の本場、ヨーロッパでの挑戦】  ~日本の歯科医師で1%の存在となる~

義歯の技術はヨーロッパが本場です。これは『良いものと長く付き合う』という文化が、ヨーロッパに根付いている事と関係があるかもしれません。私は日本の「とりあえず、今噛めれば良い」という義歯に諦めを感じ、健康に生きる為に、長く付き合える義歯作製技術を求めてヨーロッパへと旅立ちました。その結果、2015年3月に、アメリカシカゴで開催された『The American Prosthodontic society 』にて、世界の歯科医師を前に私の技術を発表するレベルにまで到達することができました。 日本には10万人を超える歯科医師が存在します。しかし、海外で発表できる技術を持つ歯科医師は全体の1%未満です。

「あなたの入れ歯の悩みから解放したい」…

「本当に幸せになれる入れ歯を体験して欲しい」…

その様な思いが、1つの形となりました。 この義歯術歯が、あなたに高品質で安心感のある人生を提供します。